夏のディスプレイ


暑くなってきました。

夏は花の持ちがどーしても悪くなります・・

もちろん、花を活ける方にも選択肢がやや少なくなり良い時期ではありませんが。

仕入れた時は美しくても時間の経過と共に花は劣化していきます

夏は花によってはその劣化が顕著に現れる時期

せっかく活けてもすぐに枯れてしまうのなら、アートフラワーやプリザーブド、または観葉植物を置けば良い。と、ゆー事になってしまいます。

そんな中でも自店のポリシーとご来店されるお客様に楽しんで頂く為生花を置く事を選んで下さる

店主の方々。誠に有難う御座います。。

少しでもお力に!と、毎回こちらも知恵を絞りながら花と相談しながら。。


定期装花、ウチではあまりオアシス(吸水性スポンジ)は使用しません。

デザインのし易さはありますが、やはり直接切り口が水に触れているのが一番花には良いと思いま

すし、週ごとに今週はこの器で、ほな来週はこの器にこの花を合わせて、みたいに活け手としても

デザインを考えるにあたり器+花として考えられるので非常に幅が広がります。

それに加えて、異素材や希少種珍種で見せつけちゃったりします。。

で、今週はOT垣氏より買い叩いたオモロイ装飾用多肉(エチェべリア)と旬な青い果実をガラス花器
内に。強健なグリーン、アセビを加えオブジェの様に・・

最後に。お陰で花器もいろいろ増えきました。が、そろそろ置き場も大変です・・
ヨメに整理整頓、収納を再度徹底させようと思います。が、かなりの抵抗に遭いそうです・・・
最後は自分でするしかないのか・・頑張れ!俺。。






















スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL