古今東西移り行くSTYLE

いよいよ明日からは12月。

 

クリスマスにお正月もすぐそこまで。楽しいシーズンですが、お仕事や商売の方々には最後の締めくくり総括月です!

 

がっちりやってしっかりと数字を上げ結果を残しゆっくり休める様に。。

 

 

大輪のダリア、黒蝶。

相変わらずの存在感と妖艶な色、寒さが増すにつれ益々マストな花材ですが。

 

まぁデカいのなんのっ大きなスタンドなんかには打って付けですが今回はご発送の御祝に少々と。

 

この花が世に出だした当時僕はまだ修行中で雇われでしたが店の店長が好んでよく仕入れ使っておりました事を思い出す。

 

存在感抜群な大きな花とその色目。シックな色大人っぽいを代弁する為にあったんじゃないかと思える程センセーショナルな花でした。

 

 

それから月日は流れ、、、

 

大ぶりな花でインパクトある花もまだまだ支持されてはいる様だが、やはり流行りや世の風潮は刻一刻と変化するもので。

 

草花やグリーンを上手く配したナチュラルなものも好まれる様になりまして。。

 

自然で優しい気取らない花とでも、、、

 

そんな時に偶然昨日頂いたオーダー。

 

彼女の誕生日に彼女が大好きなオレンジ色のガーベラを入れてブーケを作って欲しいとの事。

 

 

信州片桐花卉園のアリストロメリアはじめ草花と御指定のガーベラに杉本さんの素晴らしいバラを束ねた。

 

つまりはアレも出来コレも出来る必要がある。。

そうゆう仕事です、決して押し付けや独りよがりではない仕事。それをしれっとこなしていく事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト