オリジナルと直感とスタイルと

月も変わり、今年も最後の12月。

 

師も走る12月。

 

 

業界的には需要期となる時期でありクリスマスやお正月といったイベントにもかこつけ易い

 

即ち、稼ぎ時!笑

 

 

ですが、最近はどの業界もでしょうが二極化が進みはっきり明暗が分かれる傾向にあるようで

 

ここでの需要はいわば1年の総決算、大切なマンスとなりますので何卒よろしくお願いの程。。

 

 

さておき。

 

花屋がどの様にわが身を立てその名を認知頂き業務を行っていくのかその術はいくつかあると思う

 

その内の一つに独自性、つまりオリジナリティーの追求に辿り着く。

 

 

 

頂いた予算内で花を目一杯使うも良し、少し目線を変えてみるもまた。。

 

それっぽい今風の言葉やキレーカワイーで片付けらんない花

 

 

 

 

作り手と活け手がシンクロする様な、、、

 

型やstyleにはまらず、先ずその花を見た直感が大事かなと。。

 

 

 

さ、週末。いい仕入れ出来てます!

けどお陰様でご予約も多々、店に並ばず即使用って花も御座いますのでご希望やイメージ等はお早めにお伝え下さいませ。

それでは良い週末を☆彡12月も休まず営業致します。それでは!

 

 

 

      

 

スポンサーサイト