Botanical Botanist

今回の移転にあたり、もう一つ広さにこだわったのは。

 

 

 

この手の植物の展示販売も今後注視注力していきたい分野であり、

 

現状ウチにもそういった案件が数件あり、今後きっと成長するであろうと感じていたので。

 

 

生花と違い植物は管理次第でペットと同じくずっと長持ちしお部屋の雰囲気やコーディネートに合わせて選ぶことが出来るインテリアの一部と言っても過言ないだろう存在。

 

大きな会社やお店に行けば、入り口や待合スペースに様々なグリーンを配置している。

 

昔ながらの懐かしい植物や現代風のお洒落で凝った器に植え込まれ何だか胸を張る様にすました顔でいる植物等様々

 

根が土に植わっているので、慣れればそれとなく管理は容易なものも多い。

 

 

大きな葉のもの

 

細かい小さな葉が沢山あるもの

 

サボテンや多肉類でユニークなもの等々

 

 

 

 

 

生花同様に植物を取り巻く環境も決して良いは言えない現状があり、

 

最近では枯れるしお世話が大変、また土が虫が不衛生等と敬遠されがちでもありますが。

 

例えば、

 

少しお洒落なインテリアに近い雰囲気を纏った個体や仕立ても沢山あって、

 

その辺りで今一度脚光を当てる事は出来ないかと思案中。。

 

 

勿論好みや嗜好が分かれるものである訳だが、いきなりそんな大型なものをお部屋に置いて欲しいとゆう事ではなく。

 

先ずはお一つから

 

お部屋に、

 

 

お気に入りのBotanicalなやつから

そんなご提案もしてゆけたらな…と、考えていたら。

 

そうだ!そんな少し気軽なインテリアグリーンの入門Lessonもどうかなと思い募集始めようと思います。。

 

 

詳細は下記より

 

http://azito2f.livedoor.blog/

 

 

今月末のLessonも引き続きまだ空きが御座いますのでよろしければお気軽にお問合せ下さい。

 

生花同様に、先ずはテーブルサイズから。

 

そこから少しずつサイズアップして超特大の植物を御指名頂けます様お願い致します。笑

 

 

生花同様に植物の可能性をもっと広げる事は出来ないかと、そう考えた時先ず必要となってくるのはそれを幾つも大胆に展示出来るスペースでありかつ格納出来るバックヤードでもあります。幾つかの選択肢があってこそそこでの買い物は楽しいものになるのだろうと。。

 

春に向け、今はその下地を作る段階

 

量販的でない拘りの逸品を取り揃えてお越し下さるお客様の目を楽しませる事が出来ればと。

植木や植物につきましても、お気軽にお問合せご相談頂ければ。

 

 

スポンサーサイト