泣き女

 こんにちわ、ここ最近小物(ちっさい鉢植)の動きがすこぶる良い!

馬鹿に出来ないポット苗。

ナイスパス!H本さん、これからもよろしく!

でも、なんやかんや突っ込み過ぎるのはノーサンキューです。。



花屋に勤める男女比ってどのくらいか分かりませんが、やっぱり女性がまだまだ多いですね。

最近でこそ男性も増えてきた様な気がしますが。。


そんな環境なもんで花屋に勤めると女性の先輩後輩や上司とうまくやらねばなりません。

どんな職業でもそーかもしれませんが、花屋は働いているのが女性が多いのか結構僕には

面倒な部分もありました。あくまで僕が勤めた花屋にいた女性達に話ですので誤解のないように先

に弁解しときますね!!

まず、ウワサ好きですね、これは男女問わず職種問わずか・・。

取引先のイケメンが誰とどーしたこーした、ご苦労な事です。恐るべき情報網に地獄耳。

案外組織内、またはSHOP内結構大変ですよね人間関係

個性を大事にする仕事ですから個性のきつい人間が集まれば摩擦もあるか。

最後が面倒!

ケンカしにくいし出来ない。

もちろん女性相手のケンカですから意見の食い違いや些細な事でのトラブルまで

絶対いるのが泣く女

俺はお前の彼氏でもないし旦那でもないので泣かれた所でどーしよもないし、なぜ今泣くのか問いた

い。こんなヤツに限って日頃無神経で無礼な事いっちゃってくれたりします!

互いの違う意見を言い合う場になぜ涙がいるの?

しかしながら周囲が重い空気を悟って形勢逆転、

アンタが悪い、謝れ!なんじゃそりゃ・・となる。

別にいいけど大半が妙なシコリを残して人間関係も若干ギコいもんに。

ケンカの相手に少しでも何か感じるものがあったら関係を改善しようとするしなければ別に。

僕もまだまだ人間未熟でガラスのハートのチキンハート。

だから虚勢をはってしまうのでしょう。

常識かぶれのエセヒューマニズムには興味無し。

強烈で人を惹きつける魅力を持ったヤツらを集めて苦楽を共にしたい。。

なけりゃ自分で作るしかないな。何年掛かってでも!

その為にもっと仕事を取りに行こうと思います。

新規開拓、その際はどうぞお手柔らかにお願い致します。。
































スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL